こんにちは。ステモン宝塚野上校の三好です。
11月26日に「子どもプログラミング教室」にスタッフとして参加しました。

総務省統計局と滋賀大学の共催で、ステモンの中村代表が講師として開催されました。
滋賀県大津市内の小学5、6年生を対象としたものですが、
定員20名のところ、なんと、応募が約130名で抽選となったとのことでした。
皆さんの関心の高さに驚きました。
  

教室の広さの関係もあり、26名のお子さんの参加でした。
5年生6年生それぞれ半分ぐらいで、プログラミングやロボットに
少しでも触れたことがあるというお子さんが半数ぐらいいました。
プログラミング言語としてScratchを使用したのですが、
Scratchを使ったことがあるお子さんも数名いました。
少しずつ、プログラミングやロボットに触れる子どもが増えているのだなぁと
あらためて実感しました。

今回の「プログラミング教室」では、重心とは何か?から入り
コマをブロックで2種類作成。それぞれのコマがどのくらい
回るかを計測するプログラムを作成して、実際にコマを回して計測し
統計結果として発表するという流れでした。
計測プログラムの作成の前に、迷路のゲームを作成して
プログラミングがどんなものかも体験するのですが、
みんな早く理解しそれぞれ独創的な迷路を作成していました。

お子さんは皆プログラミングが楽しくなり、いい体験をした様でした。

ステモン宝塚野上校でも随時体験会を実施しておりますので
是非参加してみてください。

▼↓↓宝塚野上校・体験会のお申込みは↓↓
http://www.stemon.net/trial-lesson/
※土日を中心に実施中(別日程、平日でもご相談ください)
※定員がございますのでご希望の方はお早めにご連絡ください。

▼宝塚野上校、スクール情報ページはこちら
http://www.stemon.net/takarazuka-nogami/