2016年9月3日のSTEM Festival参加予約はこちら

https://www.stemon.net/stem-festival-2016summer/

小学生がプログラミングやロボットの競技に夢中になりました!

IMG_02572016年3月6日に港区青山にてSTEM Festival 2016 in Japan を開催しました。
STEM Festivalとは、小学生向けプログラミング&エンジニアリング教室「ステモン!」を運営する株式会社ヴィリングが主催し、科学や技術、プログラミングが大好きな子供たちが活躍する場所をつくりたい、という思いのもとはじまったイベントです。

今回の小学生向けSTEM Festivalは、4人で1つのチームをつくり3つの競技に取り組みました。
競技は、「ロボット&エンジニアリング競技」「プログラミング競技」「ブロック競技」の3種目です。

競技紹介
IMG_0291ロボット&エンジニアリング競技では、ロボットにプログラムで制御しコースを走らせます。
2種類あるコースをそれぞれうまく走らせるには、どのようなプログラムをつくればよいか考えます。
2つのコースをクリアしたあとは、STEMONの授業で学んだリンク機構の知識を活かして荷物を運ぶ道具をつくります。
限られた教材をどのように組み合わせれば荷物を運べるのか? 1つの正解があるわけでなく、自分たちなりの課題解決を話し合いながらつくり、荷物をゴールまで運ぶタイムを競います。

キャプチャ
2つ目のプログラミング競技では、
今回初登場した子供向けプログラミング学習教材「PETS」を活用して、プログラミングを行います。
PETSはプログラミングがはじめての小学生でもすぐにできる優れたプログラミング教育教材です。
ルールは簡単で、スタートとゴールを決め、ゴールに行くまでの道のりを制限時間内に何通り見つけられるかを競います。
ここでも「正解は1つではない」というプログラミングの特徴を活かし、
子供たちが意見を出しあって試行錯誤しました。

IMG_0371

3つ目のブロック競技は、ピタゴラスイッチづくりです。
様々なブロック教材を活用して、チーム一丸となってピタゴラスイッチをつくります。
STEMONの授業で学んだ「重力」や「斜面」、「運動」の知識を活かしてつくります。
ピタゴラスイッチは「成功確率」「芸術性」「走行距離」の3項目で評価され、その総合点を競いました。

今回はSTEMONに通う20名の子供たちが参加をしました。
保護者のみなさんが見守るなか、キッズエンジニアたちは一生懸命に取り組み、
笑いあり涙ありの素晴らしいチーム戦となりました。

何よりも3時間ずっと子供たちが夢中になって笑顔いっぱいに取り組んでいたのが印象的でした。
保護者のみなさんからもうれしいコメントをたくさんいただき、
イベントの成功をうれしく思っています。

次回は2016年9月を予定しています。
次回のイベントでは参加者100名でさらに盛大なイベントになる予定ですので、ぜひ楽しみにしていてください。
ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

尚、次回9月のイベントは様々な企業・団体様と協力して共催したいと思っています。
ご関心ある企業様はぜひお声がけください。よろしくお願いします。

お問い合わせはこちら
https://www.stemon.net/inquiry1/

ステモン!運営事務局
STEM Festival 担当 中村