弊社はこの度、新たに幼稚園・保育園内でSTEAMを実践できる教育プログラム「ようほすてぃ~む」を開発し、提供をスタートいたしました。以下、本プログラム開発の背景や特徴についてまとめます。

【ようほすてぃ~む開発の背景】

STEAM教育に関しては、プログラミングや探究学習を中心に、小学校~高等学校まで授業カリキュラムとして、必修化されていますが、幼児教育向けには具体的に方針が定められていないのが実情です。しかしながら、STEAM教育で成長させることができる、一般的に非認知能力と呼ばれる力は、幼児期に最も伸びる力として知られています。そこで、子どもたちが1日の生活の中で長い時間を過ごす、幼稚園・保育園という場所で、STEAMに触れる機会を増やすことができればと考え、今回のプログラム提案に至りました。(詳しくはこちらの記事にまとめています。→https://www.stemon.net/blogs/15885/) 弊社が運営しているスクールのステモンのコンセプトは”つくることで学ぶ”です。1回のレッスンの中で、学ぶ⇒つくる⇒試す・表現するというサイクルを取り入れ、身の周りの構造や現象について理解を深めます。ステモンのカリキュラムは保育との結びつきが非常に強いことを通常の園児向けのレッスンの中で実感しています。

【ようほすてぃ~むの特徴】

プログラムの特徴は、

①1人1セットの教材 ②組立て説明書はなし ③発達段階に合った学びの選定 です。

それぞれの設定理由と、それによって伸びると想定しているお子さまの力は、

①自分のものづくりに熱中してもらう⇒主体性、意欲

②試行錯誤しながら、自己表現をする⇒創造力、自己認識、粘り強さ

③同年代と、操作できることを通して学びを深める⇒協調性、コミュニケーション能力

となっています。どのレッスンでも、これらの点を意識したものになっており、周りのお友だちや先生と一緒に、楽しく学び続けることができるレッスン構成になっています。

【プログラム導入想定先】

全国の幼稚園・保育園・認定こども園等の施設です。

講師派遣や教材提供、コーナー保育に活用していただけるプラン等を設定しております。園の先生方に直接レッスンを担っていただくことも可能ですので、お気軽にお問合せください!