こんにちは、ステモン日本橋人形町です。

2020年から小学校の必修化が進んでいる『プログラミング教育』ですが、近年習い事としてとても注目を浴びていますね。
教室を探されている方も多いのではないでしょうか?

本校も年々沢山のお問い合わせをいただいておりまして、その中でこのようなご質問を多々いただきます。

●学校のプログラミングの授業はどういうことをやるんですか?
●学校の先生がプログラミングを教える事ができるのでしょうか?
●必修化に向けてどういう取り組みをして学力を養えば良いでしょうか?

この様に他にも疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

『プログラミング』という言葉は一般的に知られていますが、それぞれイメージが違います。
ましてや小学生の『プログラミング教育』となれば、多種多様な解釈がございます。

今回は2020年の小学校の必修化となる『プログラミング教育』について少しお話しいたします。

始めに申し上げますと、実際の運用自体に決定的な事は少ない上に不明確な事が多いです。

◆小学校でのプログラミング授業

どの学年が何時間やるのかというのは学校側の判断になりそうです。
いまのところ、実際に国語・算数のように教科として『プログラミング』という教科が増えるわけではないことは確かです。
なので、教科書やテストなどはないとのことです。
どういった形で『プログラミング』を行うかというと、国語・算数・理科・社会の中で『プログラミング』を使って理解力を伸ばす形です。『プログラミング』で養える論理的思考や問題解決力などを既存の教科の中で育んでいくという形です。

◆プログラミング教育の目的

エンジニアのように『プログラミング言語』を勉強して習得するのを目的としていません。
※そもそもプログラミング言語自体に触れることもなさそうです。
要は「プログラマーを育成することではない!」ということです。
前項で申し上げた通り、『プログラミング思考』というものを鍛えるために、順序立てて物事を組み立てて考えられる、論理的思考力を育んでいくことを御目的としています。

◆プログラミング教材

『プログラミング』と聞くと、パソコンで『プログラミング言語』を打ち込むイメージを持ちますが、前項で申し上げた通り目的は『プログラミング言語』を習得することではありません。目的は『プログラミング思考』である論理的思考力を伸ばすことです。
なので、授業の中で毎回パソコンやタブレットを使用することはなく、アンプラグドと呼ばれる体を動かしたりして、アナログに論理的思考力を養う形の授業スタイルになります。

◆最後に

いかがだったでしょうか? 大分イメージと違ったと思いますが、不安は払拭できたでしょうか?
なので、いまのまま準備しなくとも学校の授業に後れを取ることはございませんのでご安心ください。
ただ、何故習い事で『プログラミング教育』が流行っているかというと、2020年の『プログラミング教育』必修化の流れもありますが、本質としたら【基礎学力の基盤をしっかりと養うため】です。
学業や知識を暗記する詰め込み式でテストの点数を上げても、地頭な育ちません。社会に出てから学び続けますし新しいもの生み出す「創出力」、困難に立ち向かうための「解決力」が必要となります。
未来はだれも予測できませんので、そういった時に逞しく生きていくために【基礎学力の基盤をしっかりと育てる】ことが本質です。

▼参考記事はこちら
<「プログラミング教育」必修化の3大勘違い! 誰もが思い込みがちな間違いとは?>

私たちステモン日本橋人形町校ではSTEM教育の中でプログラミングのレッスンがございます。
●幼児~小学生低学年には、タブレットを使った『Scratch.Jr(スクラッチジュニア)』
●小学生中学年~は、パソコンを使った『Scratch(スクラッチ)』
●日本橋校オリジナルコースもご用意しております

STEM教育は社会で活躍する未来の教育として『創出力』や『解決力』を養うため本校の主軸として行っております。

ステモン日本橋人形町校へお気軽にお問い合わせください。

 

予約ボタンオレンジ

 

◆お問合せ

メ ー ル:info@and-sem.jp
電  話:03-6860-4021
運営会社:ANDゼミナール(モイライビジネス株式会社)
住  所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:15:00~22:00迄(日祝はお休み)

◆Facebookページ「ANDゼミナール日本橋人形町校」ぜひ「いいね!」を!
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・国語・算数・英語など随時更新中♪