fbpx
プログラミング教育公立小学校実績NO.1  小学生向けプログラミング教育スクールSTEMON

先生、おじゃまします!(20180525)

  • HOME »
  • 先生、おじゃまします!(20180525)

こんにちは!

ステモン運営事務局の緒方です。

これからこのページでは先生の紹介やメディアの掲載情報、事務局がどんなことをしているかなどを共有していきます。ぜひこのページを通じて色々素敵な先生や他の教室のことを知っていただき、日々のレッスンにもお役立て頂ければと思います!

初めての先生紹介は、この方、

藤本先生です!
皆さん新人講師研修でご存知ですよね。
子どもたちも「じゅんこ先生~!」と駆け寄ります、大人気です。

そんな藤本先生に、インタビューしました。

レッスンで工夫していることは?

「対話形式を心掛けて、こどもたちに喋らせること」

授業中、藤本先生は子どもたちに問いかけることがとても多かったです。

今回はGW明けの授業ということで、「GWの楽しかった出来事」の発表から始まりました。まず自分で発表させることで、授業が何となく始まるのを防ぐためだとのこと。中には2つも3つも発表してくれる子もいました。
発表が苦手な子には授業最後のあいさつを任せるなど、臨機応変な対応をされていました。

その後の授業でも先生の問いに子どもたちはよく答えたり、自分からできたことを見せたりと活発でした。

 

重心の説明中、こどもたちも近くまで来て真剣に聞いています。

レッスンで大変なことは?

「大変なことを、大変だと思わなくなってきているかも…。だから、全部試練だと思っているかな…」

おおお…!
長く子どもたちと接してきた藤本先生だからこその感じ方だと思います。
ここまでの境地にたどり着くには相当な努力が必要そうです。(先生は長くやっているからだと言っていましたが、それだけではないはず)

 

レッスンをしていて嬉しいと思うことは?

「羽生結弦選手が早く回るときはどうだったかな?」 子どもたちが知っていそうな最近のもので考えさせていました。

「子どもたちがのびのびと自分の意見を言えているとき」

藤本先生が、日ごろから子どもに話をさせることを心掛けているからこそですね。
レッスンを見学していても、子どもたちがそれぞれオリジナルで作品を作っているのが伝わってきました。
自分の意見を言うのって意外と大変なことだと思うので(私は割と苦手です)、臆せずに発言できる環境をつくることはとても大切なんだな、と感じます。

荻窪教室の様子

荻窪校ではブロックを種類ごとに分けて収納しています。
子どもたちも場所をだいたい把握しているようで、必要なブロックの箱を自分たちで取り出して使っていました。

そして荻窪校は1部屋を区切って使用していますが、片付いているのですっきりして見えます。

    

 

今後もいろいろな先生方にお話を聞きに行く予定です。
その時はよろしくお願いします!

ほかにもコンテンツ更新していく予定なので、見てくださいね~!

 

 

ステモン!本部へのお問い合わせはこちら TEL 03-6915-1324 受付時間 10:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)

  • facebook
PAGETOP